あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

1日ひとつずつ


こんばんは、六日です。





「これが今年最後だからね、だいじに食べてね」と言われて、だいじにだいじに食べている。

あぁ名残惜しい。