あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

煙のはなし


こんばんは、六日です。






モチベーションはすこぶる低いものの、禁煙は続いている。何日目なのかすら把握していないのだけれど、もしかしたらこのくらいのスタンスがちょうど良いのかもしれない。

「イライラしない?」と聞かれるが、そういった症状は特にない。ただただひたすらに眠い。

疲れにくい。
息が深く吸い込める。
糖尿持ちではないが、なにやら血糖が安定しているように感じる。
喉が乾かない。
時間を捻出する必要がなくなった。

自宅でおつかれビールを飲んでいる時、ふいに淡く「吸いたいかもしれない」と思ったりするが、何せアルコールを飲んでいる為、車に乗ってコンビニに行くことは叶わない。
そうこうしているうちに、かすかな欲求など忘れてしまう。

おかしな話だけれど、ずっと「やめたい」と思いながらも煙草がやめられずにいた。
やめたいならやめればよいではないか、ふとそう思ったのがきっかけ。

なんだか、いけそうだ。


ともあれ、油断は禁物、というもの。
ほんとうに、こればっかりは。