あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

かれこれ10年ほど前の話


こんばんは、六日です。





「鉄塔、から連想するものは?」との問いに、「家族」と答えた友人がいた。

それは彼女の家の近くに鉄塔があったためか、はたまた違った観念によるものなのか、当時の彼女の真意は未だ追求せずにいるのだけれど。

もし今同じことを尋ねても、彼女は同じ答えを用意するのだろうか。

わたしにとって相当なインパクトでもって響いたその言葉を、鉄塔を見るたびに思い出してしまう。