あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

あの鐘を鳴らすのは


こんばんは、六日です。





PM8:00すぎ。

おいしくカレーを食べていたら、「NHKの受信料を」という輩がチャイムを鳴らした。
「この時間はさすがにないんじゃないでしょうか」と洩らすと、すいませんと平謝り。

月に2千円ちょっと、という受信料にはどうしたって納得がいかず、口をへの字にして彼の話を聞いていた。

帰っていただく際に、飲む機会を逃し冷蔵庫に入れていたマウントレーニアのカフェラテを手渡したのだけれど、今更になって賞味期限に猶予はあっただったろうか。


ちなみに、契約はまだしていない。