あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

野鳥図鑑



こんばんは、六日です。






野鳥愛好家の、職場の技士であるうら若き女の子。

仕事の前に早く家を出て、河原でバードウォッチングを楽しんだり、休日には「野鳥の会」という集まりに参加し筑波山に行ったりとしている様子。家では、野鳥のビデオを観ているそうな。

彼女が野鳥に開眼したのは、小学生の頃。
その知識はたいへんに豊富で、まるで学者さんのようだ、とわたしなどは彼女の話を聞いていていつも感心してしまう。

そんな彼女が「患者さんの顔をなかなか覚えられなくて」と言ったかと思えば「人間のことは、いつも鳥になぞらえて覚えています」という話を打ち明けてくれた。


「六日さんは、ぜったいにピンクロビンなんです」

休憩中に鼻息荒く彼女は、かの画像を見せてくれた。なんでも、オーストラリアに生息するというスズメ科の野鳥なのだそうな。
他にも、〇〇さんはカワセミ、〇〇さんは‥と一生懸命に話す彼女。


人の顔を鳥に模して。

なんとそれは、新鮮な概念。







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村