あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

昨天我看了电影



こんばんは、六日です。


映画を観ようと思い立った今日は、新宿シネマカリテへ。





「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」
(雖然媽媽說我不可以嫁去日本。)


日本男子「モギサン」と台湾女子「リンちゃん」の実話に基づいた、日本と台湾合作ラブコメディ。

台北松山空港、MRT松山駅月台、士林夜市、台北101、九份‥などなど、台湾の街並みのいちいちがなつかしくて。
台湾を補給しようという算段で観たものの、ますます台湾が恋しくなる始末なのでありまして。



ところで「ハッピーエンドではない物語はおとといきやがれ」というのが、ちょっとしたわたしの標語。

(人生なんて一瞬で過ぎるものだから、ハッピー終点でない物語を吸収する時間は、ない)

‥とある時に悟ってからというもの、その考えは年々揺るがないものとなっています。いたずらに悲しみや絶望のなかに入って、精神を消耗させられるほどわたしのHPは高くないのだ。

誰も不幸にならないし、誰も死なない。

たとえ物語の中でだって、むしろ物語の中だからこそ、誰も不幸にならないし、誰も死なない(だいじなことは、くりかえし)そのなんと尊いことか。

明日を健やかに生きてゆくために、わたしにはいつだってハッピーエンドと笑いが必要なのです。



とてもよい映画だった。








人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村