あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

台北は霧雨なのだそうだ



こんばんは、六日です。



すこぶる快晴だった今日は、朝から徹底的に洗濯して掃除して、まつエクのメンテナンスへ行きました。


いつも六日のまつげをよい感じにしてくれるKさんが、施術中(というのだろうか)突然に

「六日さんはよく声を出して笑いますか?」

と。はてどういう意味か?と考えていると、重ねて彼女は、「笑い上戸ですか?」と言う。

「うーん、どうだろう。笑いの沸点は低いほうだと思います(いや、笑いのツボは人より多いだと思います、だ)笑い声は出す方だと思う」と答えたあとに、なぜですか?と問うと、「六日さんは頬の位置が高いから」と彼女。

曰く、頬骨が高い、というわけでもなく、顔肉の有無、というのともまたちがうのだそうな。


Kさんによると、日常的に笑うことが多い人は、笑うための筋肉が発達しているため、頬の位置が高いのだとか。

「赤ちゃんの頬がパンッと張っているのはいつも笑っているからで、大人になるにつれ笑うための筋肉を使う頻度が減ってゆくから、しぼむんですよね」


興味深い見解だなぁ、と思いながら聞いていました。



今日は気温31°C。
それってもう、夏なのではないか。
年々、四季というものが混じり気を帯びてきている。

暑いのは苦手だけれど、洗濯物がパリッと乾くからよい。









人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村