あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

アラビアンナイト



こんばんは、六日です。




これは魔法の絨毯でも、お金持ちの玄関に鎮座するそれなどでもなく、フェルトで作られたコースターなのです。


些末なお話ではあるけれど、なぜか「所長」という漢字を見るとまず「ところちょう」と読んでしまう、そんなくせが抜けない。

そもそも「所長」なんていう字面を目撃する機会なんてわたしにはそうそうないと考えるのだけれど。
この前広報誌かなにかを読んでいて偶然に目にし(ところちょう?はて、聞きなれない言葉だ。「ところさん」というどこかの長を、親しみ込めて呼んでいるのだろうか)と考えたところで(あ、これは「しょちょう」なのだ)と腑に落ちたのでした。

それからというもの、やけにお目にかかる「所長」
その都度、ところちょう、と読んだあとに(いやちがう、これは)と変換し直す作業が、頭の中でつつがなく行われている。












人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村