読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

我 想去 台灣



こんばんは。


はてどうしたものか、どうやら台湾に心の9割5分を置いてきてしまった。来る日も来る日も、頭は台湾のことばかり。

成田から台北線が出ている各社LCCのメルマガを登録し、セールを今か今かと心待ちにしているところです。





これは台湾のポピュラーなデザート、豆花。
(ドウファ)と読みます。

豆乳をプリンのようにゆるく固めたものに柔らかく煮たピーナッツを乗せ、淡い琥珀色の糖水を注いだもの。
温かいものと冷たいものが選べて、冷たいものの場合はその上からシャリシャリのかき氷が乗るのです。

お好みで白玉や小豆、芋餅、サツマイモなどの果物やはと麦などの穀類‥お店によって様々なものをトッピングできるのですが、わたしたちは今回シンプルな豆花ひとつ頼むので精一杯でした。


台湾のおやつはどれも甘さ控えめでヘルシーで、するするするっと入ってしまうようなものばかりです。
食べている時は(うむ、少し物足りない)と思ったのですが、これが何とも尾をひくというかクセになるというか。


台湾の人は甘いものを食べる時、いっしょにお茶などを飲んだりする習慣がないそう。なのでおやつは単品で食べられて喉が乾かないくらいの甘さで作られているのだとか。



これは、遼寧街夜市の豆花屋さん。
男性のお客さんで賑わっていました。

豆花屋さんや芋園屋さんはどこもお客さんでいっぱいで、台湾の人たちは老若男女問わず皆デザートが好きだという印象を受けました。
ご飯を食べたあと口の中をさっぱりさせるために、そして気候が暑いので水分補給としての意味合いもあるのかもしれない。

男性がおいしそうに豆花を食べて、どんぶりを持って再びおかわりをしに行く光景はとても新鮮で、好ましいものでした。

あぁまた食べたいなぁ。







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村