読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

スモッグの中より愛を込めて



こんばんは、六日です。



台湾旅行はゆっくり回想するとして。

今日は、台湾ではなくムンバイの話。

わたしのiPhoneの天気アプリには、なぜだか初期設定から「ムンバイ」のみが登録されていました。


はて、なぜにムンバイ?と思っていたところに友人が冗談まじりに「六日の縁深い人がインドにいるのでは」等と言うものだからいけない。
友人のその発想は、直前に観た「君の名は。」によるところが大いに影響していると思う。

ある日いきなり得体の知れないインド人と入れ替わるなんてことがあったら、わたしはいよいよどうやって生き抜いてゆけばよいのか‥
思い込みの激しいわたしは、天気アプリを開くたび考えずにはいられない。


3食カレーは適応しよう。
けれどもし入れ替わった男性アジャイ(仮)がインディアンギャングだったら‥わたしはムンバイで数多の犯罪と殺人に手を染め、白い粉と女に溺れることになるのか。

一方アジャイはどうだろう?
ひとつやり方を間違えば命を落としかねないリスクと常に隣り合わせで生きてきた彼は、息を吸うように他人を欺くのだ。
そんな狂犬のような彼には、この日本の片田舎での生活はあまりに退屈すぎることだろう。どんなことをしでかしてくれるのか?わたしの親の財布から金を抜き取るなんざ朝飯前に違いない‥

そんなことをふと考えては戦々恐々とし、夢にまで見てしまう始末。



ちなみに話は大元に戻りいつ天気を見ても、ムンバイはこのようなかんじ。



朝見ても夜見ても去年見たときも1ヶ月前でも今日見ても、天候は「煙霧」

えんむ、と読むのですね。

ちなみに煙霧の定義は「肉眼では見えないごく小さい乾いた粒子が大気中に浮遊して視程が10キロ未満の状態」とされているのだそうで、インドのそれは大気汚染が原因のスモッグのことを指すのだとか。

ひぇぇぇ。

もしわたしがこのブログで「おいお前ら、自分にひとつ聞いてみるんだな。運があるかどうかを。‥おい、どうなんだ?ゲス共が」なんてことを言い出したら、その時は(あ、入れ替わってるんだな)とお察しいただけると幸いです。


‥んなアホな。








人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村