あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

満月の夜と、笑ったもん勝ち



おはようございます、六日です。


昨日は、仕事やなんやかんやでめいいっぱいのいっぱいいっぱいだ!という友人の息抜きに、ふたりで夜ごはんを食べに行ってきました。

会う前は、どんなとっておきのおいしいものを食べさせようか、マツガミネか?ともしびか?フレンチなんてどうだ?と考えていたのですが、「わたし、回転寿司とかでいい」と。

うん、回転寿司はよかところ。
座ったらすでにネタはまわっているし、おいしいし。

でもわたし今日お寿司の気分じゃない、イタリアン?定食屋?とんかつでもいいね、と車を走らせながら話し合って、結局向かったのはびっくりドンキーでした。





今日はカレーもつけてしまった!
あぁ〜おいしかったな。しあわせ。

そのあとは本屋さんへ行ってスタバでコーヒーを飲んで、といつものおきまりのコース。
終始ふたりで大笑いをして、よい時間でした。



ところで、何ヶ月か前「笑いについて」の勉強会を受けました。

そこで、人間が一生のうちで笑っている時間を換算すると22時間とちょっとなのだという話を聞いて、その短さに愕然としてしまったわたしです(どこ調べなのかは忘れてしまいましたが)

きっとその場合の笑いって、心からの笑いのことを言っているんだろうけれど、それにしたって短すぎる。

せめてわたしは1週間とか、もちょっと長い時間なのだと思っていたのですが。



ちなみに、大阪のお笑いの殿堂なんば花月でいちばん多い忘れ物というのは、杖なんですって。
おもしろい漫才を見て大笑いして、帰るときには自分の身体の痛みを忘れ、それまで杖ををついて歩いていたことすらも忘れてしまう、という興味深いお話でした。



人生は時に世知辛いから、きれいごとだけではとても生きられないけれど。

うん、だからこそ自分の気持ちにうそをつかずに自分をいちばん大事にして、1秒でも長く笑っていたい。


ほかの誰かになるのではなく、わたしはわたしのままで生きたい人生を生きようと思う。







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村