読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

台北 旅行計画 その1


こんにちは、六日です。



ところで、4月に友人と2泊3日の台北旅行へ行くことになりました。



自然の中でのんびりしたいからフィンランドにしようか〜なんて言っていたのだけれど、現実的にそんなにお休みが取れません。金銭的に考えても、今年はそんなに思い切る余裕はないですし。

なので台北でおいしいものたらふく食べて、のんびりしてこようと思います。

今回わたしは、2度目の台北。
旅を共にする友人は、台湾ははじめての訪問です。




まずは初期計画から



計画を立てているときからもう旅ははじまっていて、その場所のあれこれに思いめぐらせるこの時間が、なによりすきです。

けれど予定は予定なので、いくらだって変更していくものとして捉えています。


●アクセスは羽田⇄松山空港

前回はいっしょに行った友人プレゼンの成田⇄桃園空港で、桃園空港から台北までは、バスで1時間くらいかかりました。その分お値段は安くなるのですが、松山まで行ってしまったほうが台北旅行にはアクセスがよいので、今回はそちらを希望。


●九份にも足を伸ばす

前回の台北は1泊弾丸旅行だったため、叶いませんでした。日本映画の「千と千尋の神隠し」や台湾映画「非情城市」の舞台となった街。幻想的でとても美しく、一度は行っておきたい場所なので、この機会にぜひ。
陽が落ちて暮れてゆく頃合いに、この街にいたい。


台北から九份までの移動手段としてはいくつかあり、

◯タクシー
道路が空いていれば45分程度で着くそう。料金は交渉次第ですが、1,000元(約4,000円)ほど。

◯電車とタクシー
台北火車站から瑞芳火車站まで、台鉄でおよそ40~60分、76元(約260円)瑞芳駅から九份まではタクシーで200元(約800円)ほど。

◯九份直通のバス
忠孝復興駅の前から出ている直通バス。
乗車時間は1時間30分程度で、115元(約460円)ほど。

よし、この九份直通バスで決まりかな。


●あまり予定を詰め込みすぎない

行ってみたい場所、行ってみたいお店‥わたしはたくさんあるけれど、わたしたちはひたすらのんびりまったりが好きなナマケモノ属なので、行動範囲はなるべく狭く、合理的に。


●油化街でカゴを買う

これはわたしの目的。
友人はリュックひとつで行くと言うけれど、わたしは買い物もしたいので、スーツケース持参で行きます。カゴの他、ステンレスの丸いお弁当箱や茶缶やお箸、などの生活用品を見たいのです。


●徒歩5分圏内にマッサージ屋さんがあるホテルに泊まる

台北にはとにかくマッサージ屋さんが多くて、どのお店も夜遅くまで営業されています。お前回の台北旅行では、いろんなマッサージを何度も楽しみました。
日中散策のすき間に全身アロママッサージをしてもらって、夜は夜市から戻りお風呂に入ってあとは寝るだけ!という状態にしてから、てくてく歩いて足ツボマッサージに向かったり。

前回は、繁華街の入口にあるカプセルホテルに泊まりました。
小綺麗で小洒落たホテルだったけれど、シャワールームや手洗い場、トイレが共同だったので、今回は部屋にそれらがついているホテルに泊まりたいなぁと。バスタブも希望します。
つまり、カプセルではないホテルに泊まりたい。


●スタバ 台北 保安店に行く

前回の台北旅行ではスタバには行かなかったものの、趣きある古い住宅をリノベーションしたスタバの店舗を街中で見かけました。台湾の町並みによく馴染んでいてとても素敵だったのを覚えています。

調べてみると、そういった店舗が台湾にはたくさんあるのですね。

油化街へ行きたいので、そのそばにある保安店に行ってみよう。保安店は、バロック様式建築の3階建の店舗で、ノスタルジックでまぁ素敵。


台湾のフラペチーノにはご当地ものとして、
ピーナッツ仙草フラペチーノ 臺玖號花生仙草吉利星冰樂 Taiwan No. 9 Peanut Grass Jelly Créme Frappuccino Blended Beverage(160元)という、台湾の名産であるピーナッツと仙草ゼリーがふんだんに入ったプラペチーノがあるのだとか。日本での抹茶フラペチーノみたいなかんじかしら。

ほか、阿里山烏龍茶 Alishan Oolong Tea (180元)や、玫瑰蜜香茶那堤 Rose Fancy Tea Latte (中115元、大130元、特大145元)。こちらは爽やかなバラの香りのミルクティーなのだそうな。


あと、スターバックスリザーブ龍門新概念店も気になるところ‥
ちなみにスターバックスリザーブとは、

個性豊かで質が高く、非常に少量しか手に入らないコーヒー豆を「スターバックス リザーブ®」として、世界でも限定された店舗でお届けしています。


リッチ版スターバックスというかんじなのですね。

数の少ないブラックエプロンのバリスタが多いのも特徴で、リザーブタイプのコーヒーがトールサイズで180元(約670円)とぜいたくなお値段です。

そして世界中のスターバックスリザーブのなかで、龍門新概念店だけの特徴としては、パリで活躍する有名なパティシエ青木定治さんと共同開発したスイーツがたのしめるのだそうな。




●夜ごはんは夜市で、朝ごはんは朝市で


前回は、台北最大規模の士林夜市に行きました。
友人の友人である台湾男子の案内のもと、おいしいものをたくさん食べました。今回はもっと小さな夜市を選んでみようかなと思っています。
立地的なものも考えて、寧夏路夜市あたりがよいだろうか。

朝市は前回行けなかったので、今回はぜひ。
朝ごはんに豆漿(豆乳)が食べたくて食べたくて。豆漿とは、塩味の豆乳スープのなかに、干しエビやネギなどが入ったもので、揚げパンを浸して食べます。


●霞海城隍廟へ行く

前回は台北随一のパワースポットと言われる、何人もの神様が祀られた龍山寺に行きました。今回は立地的に、油化街にあるこちらへ行こうと思います。
龍山寺にもいらっしゃった、月下老人という縁結びの神様のお寺です。



●おいしいごはんを食べる

小籠包、西瓜ジュース、かき氷、魯肉飯、胡椒餅、鶏蚕蠣仔煎(牡蠣とネギの卵焼き)、豆のスープ、空芯菜炒め、豆花(豆乳をすまし粉で固めたもの。小豆やタピオカをトッピングして食べる)などなど。

前回いただいて外せないもの、前回いただけなかったもの‥たくさんあります。


4月なんて、瞬く間にきてしまうんだろうな。
航空券やホテルを予約しなければ。







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村