あなたがよければ、六日の朝に

ひねもすのたり、のたりかな。なんでもない今日を、唄うように、踊るように生きると決めた。

大人になったら口紅を



このまえふとそう思って、あぁそうだわたし、もう大人になったんだとハッとした六日です。

口紅を買うのもよいけれど、せっかくだから自分で作ってみたいな、と思い立って。
ピンク、レッド、オレンジだったら、うーん‥まずは無難に、オレンジを作ってみることにしました。


みつろうとカレンデュラオイルの口紅(オレンジ)


材料

●ホホバオイル(クリア)‥3g
●カレンデュラオイル‥1g
⚪︎みつろう(精製)‥0.5g
⚪︎キャンデリラワックス‥1/2cc計量スプーン1杯(約0.5g)

酸化鉄イエロー‥ミクロスパーテル4杯
酸化鉄ライトブラウン‥ミクロスパーテル4杯

はかり
1/2cc計量スプーン
ミクロスパーテル
30mlビーカー
ガラス棒
ラップ
リップケース

作り方

1. 30mlビーカーに●を入れ、酸化鉄イエロー、酸化鉄ライトブラウンを加え、ダマがなくなるまでよくまぜる。(色はオイルにまざりにくいので、ガラス棒ですりつぶすようによくまぜる)
2. ⚪︎を加えてラップをかけ、湯せんにかける。3. すべてとけたら湯せんから取りだし、熱いうちにガラス棒で30秒ほど手ばやくまぜる。
4. リップケースに移し入れる。


かんせい!

せっかくなので、友人mさんのぶんも。おなじ色にしてしまったけれど、彼女はきっとピンクも似合うだろうな。

さっそくつけてみると、自然に色づくリップクリームのようで、普段使いによさそうです。使い終わったら今度はどんな色を作ろうかな。



そして、カレンデュラオイルのきれいなこと。
もっと量を注ぐと、それは見事な橙色をしているのです。




せっかくだから、お勉強もかねて。

カレンデュラオイル

カレンデュラの別名はマリーゴールド。古くから皮膚のトラブルに使われてきた、キク科の薬草を抽出したオイルです。鎮痛、抗炎症、肉芽形成促進などの効果がありますので、傷や湿疹、軽度の火傷、日焼け、痔などさまざまな皮膚のトラブルに役立ちます。いまできている傷だけではなく、すでに痕になってしまった部分のケアにも有効。


今あるオイルがなくなったら、カレンデュラのハーブを使って自分で抽出オイルを作る、というのが、目下のわたしの夢なのです。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村